とうもろこし(おおもの)が極甘になりました。

ナント種苗のとうもろこし「おおもの」、美味しいと評判の品種ですが、発芽率が悪いので、作付けをやめようと思っていましたが、今年も作ってくださいと、要望が多く寄せられました。

そこで、今年は直播はやめ、(株)阪中緑化資材の空中ポットレストレー128穴脚無を使って育苗・移植栽培を試行してみました。

発芽率の向上は朝晩の散水効果で、95%と向上し、多少面倒な作業となりましたが、結果的には種代の節約にもなりました。
とうもろこしの糖度計の写真です。
一回に128穴のトレー4枚に播種し、苗を移植するのですが、発芽しなかった物、生育不良の苗を除き、一トレー100本前後の苗を移植出来ました。

今までは、3穴、5穴連続で欠株状態でしたが、今年は欠株なしの効率栽培となりました。また、今年は異例の早期梅雨明けで好天続き良かったのか、写真の様に糖度が高く、生食でも美味しいとうもろこしとなりました。

一旦はあきらめかけた「おおもの」の栽培ですが、お客様の声に励まされ、大成功の結果となりました。ありがとうございます。 

トウモロコシ「おおもの」が茂りました。

一般的に作りやすく美味しい野菜はありません。発芽率が低いととか、病害虫に弱いとか、美味しい野菜に限って何らかの問題点があるものです。

ナント種苗のとうもろこし「おおもの」(写真)は、ビックサイズで糖度20度越えと、超美味しい品種なのですが、「発芽率」が非常に悪いのが問題点です。

特に播種時に水分不足(降雨量が少ない)になると、極端に発芽が悪くなり、欠株だらけになってしまいます。人によっては一穴3粒づつ播種するという人もいるほどで、種代もばかにならず、栽培を中止する予定でした。

しかし、直売所では、圧倒的な人気商品で、何人ものお客さんが「こんなに美味しいとうもろこしは初めて食べた」と購入され、来年も楽しみにしていますよと強く要望されてしまいました。とうもろこしが茂ったところの写真です。
そこで、発芽率の改善策として、トレー育苗を行ってみました。128穴のトレーに一粒づつ播種し、朝晩の散水を行ったところ、発芽理は95%以上と良好で、畝間150㎝、株間30cmに定植しました。散水は、定植時の一回で、問題なく活着し、写真の様に通路が見えないくらいに茂りました。(7月3日撮影)

葉が茂り、光合成が促進することで、より美味しいとうもろこしになります。今年の「おおもの」は、昨年以上の「おおもの」になりそうです。

とうもろこしの苗を育苗中です。

「こんなに美味しいとうもろこしは初めて食べた!!」と 、評判の商品名:おおもの=ナント種苗」ですが、難点は発芽率の悪さです。播種時に降雨不足等があると極端に悪くなり、評判は極上ですが、栽培を断念せざるを得ない状況でした。そんな折、仲間からトレー育苗が良いとの話を聞き、試行してみました。

写真は、4月25日に128穴トレーに一粒づつ播種したものです。当初は、温床、3穴ビニールトンネル栽培で、発芽後は温床のみとなっています。とうもろこしも苗の写真です。簡易温室内での育苗ですから、朝晩の散水等の管理は必要ですが、ほぼ100%の発芽率で、5月6日(日)に、本畑に移植します。

昨年まで発芽不良に悩まされ、今年は作付けを断念する予定でしたが、トレー育苗で悩みも解消され、今年も「極上のおおもの」が収穫出来ます。

秋どり(抑制栽培)のとうもろこしが発芽しました。

秋どり(10月)のとうもろこしを7月24日に播種しました。品種は、雪印種苗の「ピアホワイト」(白いとうもろこし)です。収穫は10月上旬を予定しています。

寒さに向う作柄のため、糖度(甘み)がより強くなります。また、とうもろこしの花粉は遠くまで飛ぶため、近隣に黄色系のとうもろこしが栽培されていると、バイカラー(白黄色)になってしまいますが、この時期なら安心です。抑制栽培のとうもろこしの写真です。
高温期の播種なので、地温低下を期待し白黒マルチを使用しています。また、乾燥時には、左側に見えるチューブで散水を行い、生育を促進してやります。

8月中旬にもう一回、左側に播種を予定しています。季節外れの珍しい白いとうもろこしに御期待ください。

とうもろこしを「ごんべー」で播種しました。(続報)

5月24日に、ゴンベーでナント種苗の「おおもの」を播種しました。(写真の赤線上部)播種後、降雨があったにも関わらず、発芽率は50~60%程度と、悲惨な状況になりました。(ネットを見ると「おおもの」の発芽率は非常に悪いと書かれています)

そこで、6月6日に、比較的発芽率の良い新しい品種の「わくわくコーン82(カネコ種苗)」をゴンベーで播いてみました。(赤線中間)

引き続き、6月26日に播種(赤線下部)しました。降雨の関係もありますが、発芽率は90%程度と、マルチ手播種同様の結果となりました。

株間16㎝の密植栽培ですが、マルチが無いので追肥効果が高く、収量は上がるのではないかと思っています。ゴンベー播種したとうもろこしの写真です。
あとは、カタログ通りの甘さは強く、コクのある濃い甘さで、粒皮が柔らかく、食味の非常に良い品種」に期待しましょう。

とうもろこしを「ごんべー」で播種しました。

一般的なとうろこし栽培は、マルチを使って行っています。マルチ栽培の利点は、地温上昇と、雑草防除ですが、収穫後の残差処理時にはマルチ剥ぎが大きな問題になります。(猛暑の中の苦行となっていましたが、生分解マルチの使用で開放されました。ただし、マルチが高価なのがちょっと)

一方、種蒔きも大変で、腰を屈めた連続作業で、大変辛い、出来たらしたくない作業のトップとなっています。そこで、地温が上昇する5月~6月播種に「ごんべー」を使用してみました。ごんべーで播種しているところです。
「ごんべー」は、HS-801型を使用し、リンクベルトは、大豆用を一穴飛ばしにして、株間16㎝一粒で播種しました。とうもろこしの品種は、ナント種苗の「おおもの」で、マルチ栽培時は、株間30cmに2粒播種でしたので、「ごんべー」播種時でも種子量は同等となっています。リンクベルトで播種している写真です。
マルチ栽培の播種では、2時間程度の時間がかかりますが、播種機では、丁寧に播いても15分もかからず、楽ちん作業となりました。

5月24日の播種時には、10日も雨が降らず、土壌はカラカラで、砂塵が舞っており、発芽が心配でしたが、幸にも、25日、26日と降雨があり、発芽率の向上が期待出来ます。

抑制栽培とうもろこし(ピュアホワイト)収穫

記録的な日照不足の中、やっとピュアホワイトが収穫出来ました。(試験収穫)

長雨、日照不足、台風での倒伏と、三重苦の作柄でしたが、写真の様に立派な穂が収穫出来ました。(対照:アイホーン6S)

心配した味ですが、ラップでチンで美味しく頂きました。10月4日(火)の週から数量限定で販売します。白いとうもろこし(ピュアホワイト)の写真です。

抑制とうもろこしが大きくなってきました。

7月25日播種した抑制栽培(秋どり)のとうもろこし(ピュアホワイト)が、大分大ききなってきました。白いとうもろこしなので、受粉障害が起きないよう、近くで誰もイエロー種を作らない時期に作付けします。

右側の空いている所に、8月15日に3マルチ分作る予定で、堆肥を入れトラクター耕してあるのですが、台風7号が直撃しそうなので困っています。(8月13日現在)抑制栽培のとうもろこしの写真です。
8月10日(木)に、相模原市中央区で、1時間に80mmの猛烈なゲリラ豪富が降り、畑は田んぼ状態となり、深いところでは30cmも冠水しました。

とうもろこしも良く見ると、冠水の影響を受けており、今後の生育が心配ですが、17日(木)頃には、台風7号が首都圏直撃の様相で、心配の種は尽きませんね。

とうもろこしの秋どり(抑制栽培)今年も

 7月25日(月)、抑制栽培のとうもろこし(ピュアホワイト)を播種しました。畝間160㎝(長さ20m)に、株間30㎝の白黒マルチを二本敷き(高温対策)、白いとうもろこし(ピュアホワイト)を二粒づつ播きました。(途中で一本にする)

肥料は、左側がカブトムシ堆肥、右側にコーヒー堆肥を入れ、苦土石灰・化成肥料(赤45号)・テンポロンを散布後畝たて(マルチ張)をしました。

右側に、二回目の播種を予定しています。秋どりのとうもろこしを播種したところです。
今年は、梅雨明けが遅れ、7月27日現在も明けておらず、愚図ついた日が続いていますが、29日(金)以降は晴天が続く予報なので、随時スミサンスイで散水を開始します。

とうもろこしは7回播種しました。

とうもろこし(おおもの)を、7日(木)から販売開始します。驚きの味とすばらしいボリュームを堪能してください。(一般的なとうもろこしに比べ芯が細く、大粒の極美味の味が特徴です)

現時、2回分まで収穫が終わりました。もうすぐ、3回目の収穫が出来そうです。1・2回の播種は、サカタ種苗の「ゴールドラッシュ」を播き、3回目以降は、美味しいと評判のナント種苗の「おおもの」を播きました。

通路入口の穂がキジかカラスに食べられ始めたの、熟成してきた証拠???
連続して播種したとうもろこしの写真です。一回ごとの作付は、マルチの長さが概ね25メーターで、マルチに3本(6列)に播種します。5番のマルチまでは雌花(穂)が出て来ましたが、6・7回目はまだまで、8月の収穫となります。(右上の二重丸が3・4・5回目の物です。)
順次播種したとうもろこしの写真

次へ >