株ねぎの畝間に緑肥を播種しました。(続報)

3月に播いた緑肥(カネコ種苗の「てまいらず」「百万石」)が、大きくなりました。期待どおり畝間を覆い、雑草防除に貢献しています。さりとて、ねぎの株元のも草は生えますので、手除草を行いました。(手間は極わずかとなりました)

今後、自然に立ち枯れ、畝間を覆い雑草防除に貢献してくれそうです。「てまいらず」と、「百万石」では、枯れ具合が若干違うようで、どちらが按配が良いか見てみます。緑肥が大きくなった写真です。
今回は、株ねぎの畝間に播種した緑肥ですが、カタログどおり初期育成は旺盛で、被覆効果も大きいことから、春先の砂塵対策(表土流失)等にも応用出来るのではないかと、利用拡大を検討中です。