ケールの苗を移植しました。

昨年は、温室内のケールが順調で、来春まで収穫出来ましたが、今年は天候不順の影響か、ほとんどか枯れてしまいました。そこで、急遽種を播き、苗を移植しました。(22本)

苗の大きさは、比較のマジックペンで分かると思います。温室内で育苗していましたが、なぜか虫に葉っぱを食われ、止むを得ずアルバリン粒剤を散布しました。移植するケールの苗です。
植え付けは、マルチ栽培で、センター一列、株間50㎝で植え付け、害虫(主に青虫系)、鳥類(ムクドリ)予防のため、1mm目愛のネットを掛けました。

また、収穫が始まると写真のネットでは対応出来ないので、キュウリパイプを設置し、大きなネット(1mm目合、高さ2m)を張れば、中で収穫作業出来、害虫類を防除することも出来るため、その後の消毒を回避出来ます。
移植後にネットを掛けた写真です。