レッドロシアンケールを食する

 4月というのに、夏日?となる日があり、昼食にラーメンもちょっと暑過ぎ、となり、早々と冷やし中華の登場となっています。

麺は、(株)菊水の「札幌生ラーメン4食入り」を使い、トッピングの野菜は、畑から採ったロメインレタスとレッドロシアンケールを千切りにしました。

タレは、ヒゲタ醬油の「味名人冷やし中華スープ」を使用しました。
冷やし中華の写真です。
冷やし中華を家で作る時は、意外と選択肢が少なく困ります。大きな問題点は、タレ(スープ)が売っていないのです。

スーパーの売場を見ると、そば・うどんのタレ類は多く見られますが、冷やし中華のタレ(スープ)は、あっても一種類か、売っていません。しかたなく3食入りスープ付きの製品を購入するしかありません。

一方、ヒゲタ醬油の「味名人冷し中華スープ」は、好み味で気に入っているのですが、業務用の1.8リッター入しか手に入りません。ヒゲタさん頑張ってスーパーに家庭用を卸してください。