アスパラに挑戦です。

アスパラを軽く茹で、マヨネーズでいただく。最高ですね!!しかし、栽培となると大変です。一年目は種を播き、苗を移植します。二年目の春に萌芽しますが、収穫せず、樹を大きく育て、しっかりした根を作ります。三年目の春に少し収穫し始めます。(根をしっかり養成する)

四年目から本格的に収穫を始め、十数年収穫します。しかし、収穫まで3~4年は辛い期間で、今まで栽培しませんでした。 アスパラの写真です。また、二年目以降は、葉枯病や斑点病などの病害虫防除のため、年15~20回の農薬散布が必要と知りビックリしました。

そこで、今注目されている栽培方法が、「採りっきり栽培」です。(現代農業2018年3月号)この栽培方法は、二年目の春に萌芽した芽を全て収穫してしまうもので、一シーズンで終了します。そのため、農薬散布も激減することが出来るそうです。初めての挑戦なので、支柱も立てず、放任栽培で、さしたる病害も出ていないので現時無農薬栽培ですが、結構な樹勢になり、来春に期待が高まります。