冬野菜の「おばんざい」

連日の冷え込みで、冬野菜が一段と美味しい時期となりました。今回は、我が家の定番の「おばんざい」を二品紹介します。

一品目は赤ねぎのエチュベ(蒸煮)に、カリフローレとスティックセニョールのボイルを添えました。
赤ねぎのエテュベと野菜のボウルの写真
赤ねぎのエチュベのレシピは、鍋にバター10グラムを溶かし、切った赤ネギを並べ、水100ccを加え、蓋をして蒸し煮にする。最後に塩コショウで味を調える。
カリフローレ、スティックセニョールのボイルは、そのままで食べてみてください。甘くて美味しいですよ。どうしても何か?という人には、マヨネーズですかね。

二品目は、根菜類の煮込みです。(おでん風)
大根、ニンジン、大浦ごぼう、里いもを乱切りにして、煮込みます。今回は、ウイングスティック、さつま揚げ、油上げもいれました。
根菜類を使った煮しめ(おでん風)の写真です。
それぞれの素材から美味しいダシが出ますから、薄味の味付けがお勧めです。野菜嫌いのお子様が、にんじんから食べるようになりますよ。Vegetable Symphony