躍動の春になりました。

 朝晩の冷え込みは厳しいですが、日差しには春の兆しが感じられる季節となりました。写真は、1月22日播種したブロッコリー等です。

簡易温室の中に、温床(電農マット=ホットカーペットの様な物)とビニールトンネルで、夜間だけタイマーで30℃に管理しています。

右側から、春採りのブロッコリー2種、その左が、白菜とロメインレタスとなります。左側の発芽していないトレーは、2月14日播種したロマネスコ、カリフローレ、春キャベツ(2種類)で、後数日で発芽すると思われます。トレー播種した種が発芽しました。
もう少し大きくなったら、透明マルチを使い移植後3穴ビニールトンネルをかけてやります。小さな、一人直売の農家ですから、出来るだけ端境期の期間を短くするよう工夫しています。