土作には時間がかかります。

無農薬・減農薬の基本は土作と思い、色々と工夫し取組んでいます。写真は、8月上旬に播種するニンジンの予定地です。

3月上旬に緑肥のヘイオーツ(雪印種苗)を播種しました。(3月20日撮影)
6月上旬にモアーで刈取り、数回トラクター耕を繰り返し、7月上旬(10日前後)に、化成肥料等施用後雑草防除のため、透明マルチを張り、太陽熱処理を行います。

その後、8月上旬に透明マルチを剥ぎ、種まきごんべーで、ニンジンのペレット種子を播種します。ヘイオーツが発芽したところです。
播種後発芽促進のため、散水チューブ(スミサンスイ)で、毎日朝番の散水を行います。これでやっと11月下旬に収穫を始められます。
ヘイオーツの写真を拡大したところです。
写真は、畝を拡大したところで、発芽したヘイオーツの周囲に散乱している粒粒は、知り合いからもらったもみ殻を畑で直に燻炭にした物で(一部、もみ殻のままの物も見られる)土壌改良の一助になればと思っています。