枝豆に大きなネットを掛けました。

 消毒回数を減らすため、ネット被覆栽培が基本の枝豆栽培ですが、中・晩生品種(晩酌茶豆等)は背丈が高く通常のネットではネットが押し上げられて、結果的に害虫(ホソへリカメムシ等の食害に悩まされることになります。(過去2年間収穫はゼロとなっています。)

そこで、今年は大判のネットで3畝全体を覆うこととしました。品種は新発売された「カネコ種苗」のつきみ娘(  茶豆風味・良食味の中晩生品種登場!)です。枝豆を大判のネットで覆た写真です。猛暑対策として、白黒マルチを使用しました。また、苗を育成し簡易移植機「なかよしくん」で移植しました。

今年こそはと思うのですが、苦労が報われるでしょうか?!