ケールをムクドリから守るには

ケールをネットで覆いました。キュウリパイプを利用し、外してあった1㎝目合のブルーベリー用ネットを使用しました。本来なら1mm目合のネットで覆い、青虫とムクドリを防除する予定でしたが、遅れ遅れとなってしまいました。

天気予報で、17日に春一番が吹くとのことでしたので、暴風対策から1㎝目合のネットを張ってみました。(結果的には大正解で、1㎝ネットでも相当の負荷がかかり、1mmネットでは飛ばされていたかも知れません)ケールを高さ2メーターのネットで覆った写真です。
今後、降雪があると、雪の重さで倒壊の恐れもあり、降雪時には剥がす必要がありますが、雪が必ずしも降る訳ではなく、当面のムクドリ対策を優先しました。

今日にも、食害を受けた葉をカットし、液肥の追肥を行う予定で、順調な生育となってくれればと願っています。


今月のひと言

躍動の春になりました。

 朝晩の冷え込みは厳しいですが、日差しには春の兆しが感じられる季節となりました。写真は、1月22日播種したブロッコリー等です。

簡易温室の中に、温床(電農マット=ホットカーペットの様な物)とビニールトンネルで、夜間だけタイマーで30℃に管理しています。

右側から、春採りのブロッコリー2種、その左が、白菜とロメインレタスとなります。左側の発芽していないトレーは、2月14日播種したロマネスコ、カリフローレ、春キャベツ(2種類)で、後数日で発芽すると思われます。トレー播種した種が発芽しました。
もう少し大きくなったら、透明マルチを使い移植後3穴ビニールトンネルをかけてやります。小さな、一人直売の農家ですから、出来るだけ端境期の期間を短くするよう工夫しています。