トマトの秋どり栽培(続報2)

9月上旬から一段果房が色付き始めました。しかし、露地栽培(雨除け施設もなし)で、連日の降雨の影響か、全てが玉割れしてしまいました。そこで、早め早めの収穫で、玉割れを防止しています。

7月16日の定植後、異例の長雨(日照不足)で、トマト栽培には最悪な状況でしたが、試行は合格ラインで、来期は作付け本数を増やそうと思っています。秋どり栽培のトマトの写真です。


今月のひと言

紅玉が色付きました。

朝晩の冷え込みで、紅玉が急に赤くなりました。一本しかない紅玉ですが、毎年結構な量が収穫出来ます。酸味が強く、果肉は柔い傾向で、アップルパイに加工するのがベストのようですが、強い酸味が懐かしい方には生食がお勧めです。

紅玉が赤く色付いた写真です。
引き続き、シナノスイート、シナノゴールド、陽光、王林と販売予定です。(数量は限定ですが)