今月の農園

1/18ページ

気力は半分戻りました(9月24日号)

20日抜糸し、手指の腫れも大分改善し、鹿沼公園での散歩も開始しました。 YouTubeの動画配信をしようと思うだけに気力は回復しましたが、骨を削って金属片で固定する手術でしたので、農作業の復帰までは、もうしばらくかかりそうですね。

もうしばらく休みます(9月19日号)

左手の親指付け根がでっぱり、物をつかむと激痛が走り、「左手拇指CM関節症」との診断を受けました。 対症療法もありますが、完治には手術が必要で、大学病院で「拇指CM関節固定術」の手術を受けました。 手術は、骨を削って元に戻し、再度出ないように、金属で固定するそうです。聞いただけで痛そうですね。 写真は術後2日目ですが、親指を含め指全体が腫れています。 明日(20日)に抜糸ですが、デリケートな手術でし […]

トマトトーンを散布する時は

大玉トマトにトマトトーンを散布する時、一花房につき一回の使用ですから注意しなければなりません🥶 しかし、一畝が一斉に咲くわけでもなく「この花房散布したっけ?」と、悩ましい限りです。 そこで、散布したら花房直下の側枝を除去します。これで、散布の有無は一目瞭然です🤣 #トマトの着果促進 #トマトトーン

連作トマトに雨除けを掛けました

露地栽培のトマト、真っ赤になってからの完熟収穫の天敵は玉割れです🥶 そこで、面倒ですがビニールを掛けることで玉割れを防止します。 一般的なトマトの収穫は、青いうちに収穫し流通過程で完熟(赤くする)させます。 現状の分析機器では成分に差異は見られないそうですが、当園では樹上完熟がモットーです🥰 トマト連作9年目の栽培ですが https://www.youtube.com/watch?v=WM9js& […]

ナスの2回目の芽欠きをします

まだ収穫前と油断していると、株元が側枝だらけとなっています🥶 樹勢促進と病気予防のため芽欠き(除去)してやりましょー!!😋 なお、接ぎ木苗の場合は、台木の側枝は芽欠きしないで剪定し、台木の根張り効果を期待します。(接ぎ木本体の側枝だけ芽欠きします) #ナス栽培 #接ぎ木苗栽培

スイカの敷材に緑肥(ヘイオーツ)を刈取ります

スイカ・かぼちゃとか、つる物の敷材に困ったありませんか?😆 田んぼでもやっていれば、定番の稲わらが使えるのですが、知り合いからもらうのでは量が限られます😰 以前、ネットを張ったことがありますが、草が網の目に絡んだりして片づけに超難儀したことから、現在の緑肥(ヘイオーツ)利用に変えました🥰 ヘイオーツは、敷材に利用するだけでなく、線虫対策・根耕効果・病害の抑制効果なども期待出来ます。 家庭菜園などで […]

温室を自作しました

異常気象の影響か、大雨が続いたり等々、露地野菜の生育環境は悪くなるばかりです。そこで、9年ぶりに、簡易雨除け温室(間口5,4m ✖ 長さ23m)を建てました。自作なので、経費は材料費だけで済み、愛着深い温室となっています。   これで、2棟体制となり、今まで以上に無農薬・減農薬の野菜作りが可能となります。初めての作付として、パプリカ・食用ほうずき・白いなす・カリーケール・ピーマン・シシトウ・ミニト […]

謹賀新年

謹賀新年 明けましておめでとうございます。昨年中は「相模原のりんご園」のサイトを視聴頂きありがとうございます。極マイナーな内容ですが、多くの方に見ていただきました。今年も、YouTube、Twitterと3セットで、より充実した内容で情報発信出来ればと思っています。 改めて昨年を振り返ると、開園以来最悪の一年で、長雨・日照不足・相次ぐ台風の来襲等々、惨憺たる状況でした。特に、りんごは消毒不足よる病 […]

鉄ミネラル液を作製中です。

月刊誌「現代農業」2020年1月号で、畑も人も貧血!?鉄を効かせる方法という特集を掲載しています。内容は、茶葉とくぎ(鋳物等がベスト)でタンニン鉄が抽出できるというもので、このタンニン鉄を散布することで、レタスな倍に成長し、スイカは糖度が13度越えに。また、ケール等では鉄含有量が倍増したそうです。 作り方は、極簡単で、緑茶パック・くぎ・水だけです。早々に試作してみました。一日目で、水が黒くなり、2 […]

1 18