今月の農園

1/18ページ

トマト連作9年目ですが

トマト専用の圃場で、不耕起栽培で一年休耕した畝にゼニゴケが大発生してしまいました🥶 しかたないので、植える所だけゼニゴケを剥がして植え付けをしましたが、その後の生育状況に影響ないか心配です😥 不耕起で植穴だけ掘って移植する方法で連作しているトマト栽培ですが、思わぬ難題に突き当たりました。ゼニゴケの大発生が生育に影響するのか否か随時レポートしていきます😟 #トマト連作栽培 #トマト不耕起連作栽培 # […]

そら豆の摘心をします

そら豆が大きくなって来たので、摘芯をして成長生理から生殖生理に転換させ、実入りを促進し実太りを図ります😋 全くの自己流ですが、この作業で例年豊作となっています。 また、そら豆言えばアブラムシと言われる程で、アブラムシが大発生しますが、駆除は天敵のナナホシテントウムシに任せ、無農薬栽培とします🤣 現時、若干のアブラムシを確認しますが、ナナホシテントウムシの幼虫・成虫がたくさん確認出来、旺盛な食欲で駆 […]

株ねぎのネギ坊主を食べます

黒腐菌核病の蔓延に苦労する株ねぎ栽培ですが、一昨年は無消毒で半分が腐る大被害を被り、昨年は消毒を実施したため、5株の被害に抑え込みました。 今年は、春先に「モンガリット粒剤」と「アフェットフロアブル」の散布で欠株はゼロとなっています。まだまだ油断は出来ませんが、移植前に石灰窒素を散布トラクター耕後に移植したのも良かったかな? また、土壌phが高い方が良いとのレポートもあることから、苦土石灰の追肥も […]

温室を自作しました

異常気象の影響か、大雨が続いたり等々、露地野菜の生育環境は悪くなるばかりです。そこで、9年ぶりに、簡易雨除け温室(間口5,4m ✖ 長さ23m)を建てました。自作なので、経費は材料費だけで済み、愛着深い温室となっています。   これで、2棟体制となり、今まで以上に無農薬・減農薬の野菜作りが可能となります。初めての作付として、パプリカ・食用ほうずき・白いなす・カリーケール・ピーマン・シシトウ・ミニト […]

謹賀新年

謹賀新年 明けましておめでとうございます。昨年中は「相模原のりんご園」のサイトを視聴頂きありがとうございます。極マイナーな内容ですが、多くの方に見ていただきました。今年も、YouTube、Twitterと3セットで、より充実した内容で情報発信出来ればと思っています。 改めて昨年を振り返ると、開園以来最悪の一年で、長雨・日照不足・相次ぐ台風の来襲等々、惨憺たる状況でした。特に、りんごは消毒不足よる病 […]

鉄ミネラル液を作製中です。

月刊誌「現代農業」2020年1月号で、畑も人も貧血!?鉄を効かせる方法という特集を掲載しています。内容は、茶葉とくぎ(鋳物等がベスト)でタンニン鉄が抽出できるというもので、このタンニン鉄を散布することで、レタスな倍に成長し、スイカは糖度が13度越えに。また、ケール等では鉄含有量が倍増したそうです。 作り方は、極簡単で、緑茶パック・くぎ・水だけです。早々に試作してみました。一日目で、水が黒くなり、2 […]

株ねぎを掘ります。

今年の株ねぎ栽培は、相次ぐ台風の来襲、40日に渡る長雨等で、軟腐病が多発し、開園以来の不作となり欠株が目立ちます。 12月に入り、例年通り収穫が始まりました。今年一月上旬、ドリルで穴を開け、一本ずつ移植した結果、白い部分が長く、15本程に分けつした物も多く見られ不作ながらも手ごたえのある収穫作業となっています。 株ねぎは、相模原地域の特産で、農家が代々継代して来たもので、家庭菜園でもねぎと言えば「 […]

「かぶ」3種類です。

 11月29日、30日と冷え込み、大島(畑の所在地)では、霜が降り、氷が張りました。急な冷え込みは、温度計以上に寒く感じるもので、直売所でも薪ストーブを開始しました。 また、寒くなると根菜類は一段とお美味しくなります。写真は、白いかぶが「白馬」、赤が「あやめ雪」で、黄色が珍しい「黄金かぶ」です。 白馬は、万能選手で、生食・浅漬け、ぬか漬け等々何でもOKの万能選手です。あやめ雪のお勧めは加 […]

トマト・枝豆は直売開始しましたが

6月18日(火)から、トマト・枝豆の直売を始めました。去年と比べると9日遅れとなります。朝晩の冷え込みが影響していると思われます。 一方、写真のとうもろこしですが、こちらはもっと遅れており、24日の週になってしまうようです。 16日(日)から、梅雨の中休みか?好天が続いていますので期待しています。今年は野菜全般で生育不良が見られ、こんなことは初めての経験で戸惑うばかりです。お天道様には敵わない訳で […]

1 18