とうもろこし

1/3ページ

とうもろこしが獣の被害で全滅です

9日に、熱中症になりかけて徐穂作業をしたのに残念無念です。 今まで、これ程の被害がなかった畑ですので油断しました。カラス?ハクビシン?なのか不明ですが、9割がた食害されてしまいました。もーがっかりで、暑さが一層身に沁みます。 来年はネットで囲う等の対策を講じます。それにしても残念無念です!!

とうもろこしの穂を徐穂し一本にします

とうもろこしは一本の樹に2~3本の穂を着けますが、最近の栽培法は徐穂を行わない放任栽培が主流です。 また、中には多肥栽培で2本目の穂も収穫する農家もあるそうです。私は兼業農家時代は徐穂していましたが、専業農家となり、栽培本数が多くなり徐穂作業が負担となり放任栽培となりました。 しかし、今年は記録的な降雨量で、肥料分が地下に流失したようで、生育不良が見らせます。そこで、一番穂を残し、2~3番穂を徐穂 […]

とうもろこし5回目の播種です

野菜で万能選手はいません。病害虫に強く、発芽率が良く生育が良好で、多収、しかも美味しいと言う品種はありません。作る野菜を選ぶ時、何を優先するかは悩ましい限りですが、そこが野菜作りの奥深さで面白いのか知れません。 ナント種苗(株)のとうもろこし「おおもの」、太くて超美味しい品種です。しかし、発芽率が悪く、一穴2~3粒づつ播いても欠株が目立つことがあります。 そこで、水分・温度等の管理が出来るトレー育 […]

とうもろこしに散水します

一回目のとうもろこし(白いロイシーコーン)の3穴ビニールトンネルを剥ぎ追肥しましたが、一回も雨が降らず畑はカラカラ・パサパサの砂漠状態で、追肥した化成も粒のままです。 そこで、スミサンスイワイドで散水しました。 「いやー!!気持ちがいいよ!!、生き返った!!」と、とうもろこしの歓喜の叫び声が聞こえるようです。

とうもろこし一回目の移植です

白いとうもろこし「ロイシーコーン」を、4月3日移植しました。朝晩の冷え込みが続き苗の生育が遅れ、一週間遅れの移植です。 真夏の苦行(マルチ剥ぎ)を考慮し、マルチは生分解マルチを使用しました。普通マルチの数倍の値段がしますが、はがすことなくトラクターでうない込みが出来るので助かります。 移植は、簡易移植機(なかよしくん)で行います。色々な苗を同機で行いますが、とうもろこしがベストフレンドかと思います […]

とうもろこしの抑制栽培(秋どり)は久しぶりです。

特に、白系のとうもろこし栽培で注意しなけれいけないことは、近くに黄色系があると、黄色系の花粉でキセニア現象が起きることです。(黄色い粒が混ざる。味が落ちるなど) そこで、秋どり栽培は、黄色系の栽培が無くなるため好機となる訳ですが、大問題として、台風の来襲があります。 当園でも、かつて2年連続で台風の強風ためベッタリと倒伏し、収穫ゼロの年が続き、秋どり栽培を断念しました。 しばらくぶりの再挑戦となっ […]

とうもろこし(おおもの)の収穫が始まります。

多方面からお問い合わせいただいているとうもろこしですが、7月16日(火)から随時販売を開始します。 品種名はナント種苗(株)の「おおもの」で、13日(土)のお試し収穫では、一本が480g超えで、糖度が19.9度(下の写真参照)ありました。 また、粒の列数は最高の20列あり、超美味しい証となります。これだけ糖度が高いと、生食もお勧めです。お試しに半分にカットし生食で、もう半分は電磁レンジでチンして食 […]

トウモロコシが遅れています。

下の写真は3月14日に128穴トレーに播種し温床管理、3月28日に移植(3穴ビニールトンネル)した白いとうもろこし「ロイシーコーン」です。 予定では雌花が出ているはずですが、やっと雄花が出て来たところで、収穫は2週間程遅れるかな?と思っています。しかし、困ったことがあります。下の写真は同日に撮影したもので、3月31日トレーに播種し、4月13日に移植したゴールドラッシュです。 全く同じような状況で、 […]

白いとうもろこしが一番です。

今年のとうもろこしの一作目は、白いとうもろこし「ロイシーコーン」です。従来は、黄色種との交雑(キセニア現象)を避けるため、秋に作付けしていましたが、米国(シアトル)を旅行した時、6月に白いとうもろこしをマーケットで見たことを思い出し、台風被害を避けるため試行的に作付けしてみました。品種は、色々ある中で、ソフトクリームの味と表現してあった「ロイシーコーン」を選びました。 3月14日に、128穴のスリ […]

とうもろこし(おおもの)が極甘になりました。

ナント種苗のとうもろこし「おおもの」、美味しいと評判の品種ですが、発芽率が悪いので、作付けをやめようと思っていましたが、今年も作ってくださいと、要望が多く寄せられました。 そこで、今年は直播はやめ、(株)阪中緑化資材の空中ポットレストレー128穴脚無を使って育苗・移植栽培を試行してみました。 発芽率の向上は朝晩の散水効果で、95%と向上し、多少面倒な作業となりましたが、結果的には種代の節約にもなり […]

1 3