新農業技術

1/9ページ

ミニトマトの葉カビに菌液(えひめAI)を散布しました

新温室に移植したミニトマト3種(薄皮ピンキー、アイコ、商品名不明)の内、ピンキーに葉カビ病が多発しています。 そこで、納豆・ヨーグルト・ドライイースト(以下、菌類という)と水、栄養素に砂糖で簡単に作れる菌液(えひめAI)を原液で散布しました。 葉カビ病は、トマトの重大な疾病で、放置すると全体に広がり手が付けられなくなってしまいます。そして、大幅減収となり、最悪は生育中止となります。 一般的には農薬 […]

パプリカの側枝を剪定します

パプリカの枝を3~4本(主幹)立てとし、麻ひもで枝つりをしました。栄養を主幹に集め成長を促進するため、他の枝(側枝)は剪定します。 パプリレッドとパプリゴールドの2種類を作っていますが、レッドの方樹勢が強く、来週(6月30日)には販売出来そうです。 量販店で見かけるのは、韓国産等の海外物で、店番が長くなっておせじにも新鮮とは言えません。採りたてのパプリカに御期待ください。

アスパラ採りっきり栽培

アスパラの採りっきり栽培は、播種・移植後一年で全て収穫終了する画期的な栽培法で、減農薬栽培が可能となります。 2018年5月3日初めてアスパラの種を播種し、2019年3月からの収穫は大成功となりました。 2019年は、3月3日に2か月早く播種しました。移植は深植で、3穴ビニールトンネルをかけました。2020年の収穫はゼロ(茎枯れ病と思われる病気の影響で全滅となりました)しかし、5月に播種した2か所 […]

接ぎ木苗の「台木芽」除去するの

「台木の芽」は、どのチャンネル観ても除去するとありますが、私は一本だけは残しています。台木は大家で本体は店子の関係です。台木の生育旺盛を利用し、残すことで根張り効果を期待します。 ただし、あまり大きくすると問題なので、30~40㎝になったら1~2芽残しで剪定します。大家さんが一生懸命根張りをして、店子を養う構図が出来上がります。

春大根 一穴2粒播き大成功です

12月、マルチ(株間35cm)の一穴に2粒づつ播種しました。最近の種は発芽率が高く、ほとんどが2粒共発芽し、欠株はありません。 その後、ビニールトンネルの穴から葉が出てくるようになったら、葉勝ちにならないよう(葉ばかり生育し根が太らない)ビニールを剥ぎ、サンサンネットに交換します。 一穴2本ですから、面倒な疎抜きは行わず、そのまま生育させても問題ありません。収穫は太くなった物から行い、収量は1.5 […]

緑肥を活用します

緑肥を積極的に導入し、土壌改良、病害防除に取り組んでいます。えん麦のヘイオーツは、センチュウ防除効果も高く、ニンジン等の予定地に作付けしています。また、大麦のてまいらずは、自然に枯れる特性があり、スイカやかぼちゃなどのツル物の敷材に試験的に播種しました。   緑肥を作ると、その面積は換金作物を作れません。しかし、少しでも環境にやさしく、減農薬(無農薬)の野菜が収穫出来ればとの思いで、積極 […]

ごんべえ大根、大正解です。

10月3日に播種機「ごんべえ」で大根の種を播き、1月13日に、長さ40㎝で揃いも良く、真っ白な無農薬の大根が収穫出来ました。 作柄は、透明マルチで太陽熱処理後、株間28cm一粒で20mの畝に、冬みね2号と冬みねセブンを一列づつ播種しました。播種時間は僅か数分で、しゃがむ必要も無く極簡単に播種出来、発芽率も90%越えと良好で、超省エネ栽培となります。

ベビーリーフの苗を倍速移植します

自作の木型を作り、128穴トレーで育苗したベビーリーフの苗を移植します。5分もやればプロの農家並みの移植が出来ます。128穴トレー2枚分の移植が40分程度で完了です。 移植後の散水は、半分で鉄ミネラル液の原液を散布してみました。鉄分の吸収が促進され、生育が良くなり、ベビーリーフの鉄分の含有量も倍増するそうです。 今から、収穫時期がまちどうしいですね。

パプリカ最後の収穫です

1月6日、パプリカの最後の収穫を行いました。昨年4月に無加温雨除け温室に苗を定植し、枝を四本仕立てとして麻ひもで枝つりを行いました。 枝折れも無く順調に生育し、2mを超える大きさとなり、無農薬で収穫して来ましたが、流石に昨今の寒さ(霜)には耐えられず、最後の収穫となりました。 試験栽培から3回目で、大成功の結果となりました。今年、温室をもう一棟自作して、パプリカはもちろん、トロナス等の栽培も行いた […]

ベビーリーフ試作してみました。

アメリカのファーマーズマーケットで大量に売られているベビーリーフ、作ってみようかと思っていましたが、ちょっと面倒くさいかな?????と 月刊誌「現代農業」11月号に特集記事が掲載されました。さっそく、種を2種類購入し、播いてみました。 張ってあった透明マルチにバナーで均等に穴を開け、種を4~6粒づつ播種 記載されている様に、種まき後は育苗培土をかけ、散水 降雨による培土の流出、乾燥防止のため、パフ […]

1 9