神奈川県相模原市の120アールの畑で
畑作果樹複合農園を運営し、
直売所で週3回販売をしています。

 

今月の農園

  • 2020.05.28

アスパラの採りっきり栽培は、播種・移植後一年で全て収穫終了する画期的な栽培法で、減農薬栽培が可能となります。

2018年5月3日初めてアスパラの種を播種し、2019年3月からの収穫は大成功となりました。

2019年は、3月3日に2か月早く播種しました。移植は深植で、3穴ビニールトンネルをかけました。2020年の収穫はゼロ(茎枯れ病と思われる病気の影響で全滅となりました)しかし、5月に播種した2か所の圃場(私が援農している家庭菜園)では、茎枯れ病は発生せず、大豊作となっています。

そこで、2020年の作柄は、4月19日播種、5月24日移植し、深植はせず、3穴ビニールトンネルも使用しませんでした。

さて、2021年3月の収穫はどうなるでしょうか?

過去の「今月の農園」を読む

 

今月の一言

とうもろこし5回目の播種です

  • 2020.05.28

野菜で万能選手はいません。病害虫に強く、発芽率が良く生育が良好で、多収、しかも美味しいと言う品種はありません。作る野菜を選ぶ時、何を優先するかは悩ましい限りですが、そこが野菜作りの奥深さで面白いのか知れません。

ナント種苗(株)のとうもろこし「おおもの」太くて超美味しい品種です。しかし、発芽率が悪く、一穴2~3粒づつ播いても欠株が目立つことがあります。

そこで、水分・温度等の管理が出来るトレー育苗をしますが、これが難題で、発芽不良になったり、ひょろ苗になったり、苗のそろいが悪かったり等々悩みは尽きません。

今年も5回目の播種で、70点と及第点ですが、満足のいく数字ではありません。試行錯誤を繰り返し100点満点を目指します。

もっとも、ゴールドラッシュ系なら発芽も安定し苦労いらずですが、「おおもの」で挑戦することが価値あるのです。頑張ります!!

 

 

過去の「今月の一言」を読む