トマトが「やっと」

本当に「やっと」トマトが色乗りしてきました。今年は、朝晩の低温傾向がいつまでも続いており例年より10日以上遅れているようです。

一般的には、写真の程度で収穫するようですが、当園では「樹なり完熟で真っ赤になってから」の収穫ですからもうしばらくかかります。赤くなり始めたトマトの写真です。今年のトマトの品種は麗夏をメインに、桃太郎ゴールド、麗月の三種類作付け(雨簡易雨除け施設栽培)しました。また、麗夏、麗月の側枝を挿し芽し、露地栽培しています。

また、美味しいということで黒トマトの種を播いてみました。なお、来週には抑制栽培用(秋どり)に、りんか、みそらの種を蒔く予定です。


今月のひと言

何回も播きます。

直売所の運営を一人で行っているため、商品の確保が大変です。そこで、出来るだけ長く収穫出来るようこまめに種まきをしています。

写真右上はキュウリで、スリットポットに鉢上げしました。(三回目)写真中央の大きめ物はズッキーニで、同じく三回目の育苗です。育苗中の写真です。写真左のトレー上は、黒トマトです。もう少し大きくなったらスリットポットに鉢上げします。トレー下は、マリーゴールド(エバーグリーン種)で、トレーの穴が余ったので試験的に播いてみました。セル苗のままで移植します。

なお、トマトの抑制栽培(秋どり)用に、りんか、みそらを128穴トレー一枚に17日の週に播種予定です。