神奈川県相模原市の120アールの畑で
畑作果樹複合農園を運営し、
直売所で週3回販売をしています。

 

今月の農園

株ねぎを移植します(2020年版)

株ねぎは、相模原市緑区で栽培されている在来種で、家庭菜園でネギと言えば「株ねぎ」と言われる程です。柔らかく美味しい品種で、一本の移植で、数本から十数本に分けつします。しかし、従前の栽培法では白い分が短いので、アースオーガで深く移植することで、一本ねぎに負けない長さとなりました。

美味しい物は、栽培がやっかいで、特に肥料過多で大敵です。移植後~夏まで生育が旺盛だと、軟腐病等の影響で消えてなくなってしまいます。

秋の御彼岸まで、土寄せも、堆肥も、化成肥料も厳禁です!!草むしりだけにします。

過去の「今月の農園」を読む

 

今月の一言

ごんべえ大根、大正解です。

10月3日に播種機「ごんべえ」で大根の種を播き、1月13日に、長さ40㎝で揃いも良く、真っ白な無農薬の大根が収穫出来ました。

作柄は、透明マルチで太陽熱処理後、株間28cm一粒で20mの畝に、冬みね2号と冬みねセブンを一列づつ播種しました。播種時間は僅か数分で、しゃがむ必要も無く極簡単に播種出来、発芽率も90%越えと良好で、超省エネ栽培となります。

 

過去の「今月の一言」を読む