株ねぎの土寄せをします。

写真は、11月18日に、3回目の土寄せを行った後の状況です。正月前後に2本のねぎを移植し、畝間の除草を行って来ましたが、秋の御彼岸から、株間に化成(鶏糞ペレット)、苦土石灰を散布し、土寄せを行います。 株ねぎに畑です。秋の彼岸までに、肥料成分(特に窒素分)が多いと、軟腐病等の発生で、欠株が多くなります。正月前後の移植から、化成肥料の追肥を控える我慢の育成が美味しい株ねぎの育成方法です。