圧雪で、のらぼう菜は全滅です。

1月18日の雪でのらぼう菜が圧雪され再起不能となりました。昨年末の暖冬で、例年にない成長で、年内には一部収穫出来るような状況となっていたのが災いし、重い雪に負け写真の様な無残な状況となりました。圧雪された無残なのらぼう菜
春先の人気商品であるのらぼう菜を心待ちにしている方も多いのですが、写真の様な又裂き状況でどうにもなりません。

今シーズンは、記録的な暖冬から、一転強烈な寒波と、厳しい天候不順となっており、野菜が高騰していますが、暖冬時期に生育が前進したため、2,3月には葉物野菜が少なくなり、もう一段の値上がりが予想されます。

例年並みの穏やかな天候を神に願うばかりです。