種まき、苗の移植シーズン到来です。パートⅡ

秋雨の合間に苗の植え付けを行います。今日(9月9日)は、白菜(オレンジクイーン)と、キャベツ(サトウくん)の植え付けを行う予定です。

写真右側が白菜、左側がキャベツです。128穴のトレーに播種し、株間35cmで移植します。白菜(オレンジクイーン)は年内採りとなります。キャベツは、一部大きくなった苗は移植しました。品種はナント種苗の「サトウくん」といい、とても美味しい品種です。 白菜とキャベツの苗の写真です。下の写真は、来年(1月~3月)採りの白菜です。品種は「冬到来」「冬月」「寒みどり」の三種類で、きれいに発芽しました。白菜の播種・移植時期は限られており、8月下旬~9月上旬の10日間前後がベストです。特に遅くなると結球不足になりますので天気が気がかりですね。

10日間に全部播種して、年内採り、来年採りが出来るの?と、疑問に思われるかと思いますが、ブロッコリー・キャベツなども同様で、播種時期は限られ、収穫は極早生・早生・中晩生・晩生等の品種特性で違ってきます。

人でも大器晩成との格言がありますが、似たようなものですかね。