玉ねぎの移植は大変です。

連日の降雨で遅れ遅れになっていた移植を始めました。例年は、透明マルチを張り、太陽熱処理(雑草防除)した畝に直接播種していたので、移植の手間はいりませんでしたが、全国的な玉ねぎの病気の万延を受け、今年は5連穴マルチの移植に変えてみました。

移植はきついです。一畝を移植しただけで、足腰はガタガタです。最低でも後5畝移植するのかと思うと、ブルーになってしまいます。玉ねぎの移植をしているところです。
玉ねぎの種類は、極早生の「満天」、赤玉ねぎの「レッドグラマー」、赤玉ねぎの長期貯蔵出来る物、普及品の「もみじ3号」と、「ノンクーラー」の5種類を移植予定しています。

出来れば、12月中旬までには終わらせたいと思っていますので、太ももはパンパンですが、頑張りましょうー!!