2月10日で11歳になりました。誕生日にお母さんが大好きな野菜で、ケーキを作ってくれました。

じゃがいもで、ハンバーグを、にんじん・ブロッコリー・芽キャベツで回りを飾り、大根・にんじんおろしで、「11」のろうそくを立たてくれました。「ごちそうさま」です。

ソニーのロボット「アイボ」よりは数倍の可愛らしさをいつまで!!と切望される昨今で、新鮮野菜をたくさん食べて頑張ります。

アメリカ旅行に行って来ました。

 1月3日から8日まで、2015年12月以来のアメリカ旅行に行って来ました。今回は、ロサンゼルス周辺(アルハンブラ⇒モントレーパーク⇒ディナポイント⇒ロングビーチ⇒ダウンタウン⇒シミバレー)を回ってきました。

写真は、シミバレーにあるレーガン大統領の記念館の一コマです。ちょうど日曜日と、タイタニック号の特別展最終日が重なり、長蛇の入場者で難儀しました。
偉大な大統領と手をつないで歩くONEショットです。 
レーガン大統領と散歩している写真です。

小高い丘の上の記念館に、使っていた専用ヒコーキ(エアホースワン)を、そのまま屋内展示しているのですから驚きです。(分解して搬入組立したの?)

 2年ぶりの旅行でしたが、一口に言って、ダイナミックに成長し続けるアメリカに圧倒されました。ダウンタウンでは、再開発が進行中で、バレー地方は、大型のモール、住宅、オフィスの整備が進んでいました。

建設(住宅)バブルとの意見もありますが、どこのモールも人が多いのには驚かされます。また、道路(歩道)等の植栽管理等も素晴らしく、日本も見習ってくれたらとお思うばかりです。 

薪ストーブの季節到来です。

立冬も過ぎ、朝晩は冷え込む日が多くなりました。そこで、11月7日に今年の火入れを行いました。煙突のすすを除去し、ストーブ回りもきれいにふき、やかんも掃除しました。

肝心の薪も、造園業者さんが棚に積んでくれたので、今シーズンは心配ありません。窓越しにメラメラ燃える炎に癒されます。今シーズンの火入れを行った薪ストーブの写真です。

亡くなって11年です。

キング君が亡くなって、早いもで11年になりました。子供達が小学生の時に我家に来て、子供達と共に成長し、掛け替えのない存在となり、子供達は巣立ち、夫婦で野辺の送りをしましたが、亡くなって改めてキング君の功績に感謝したものです。

今年もお母さんが綺麗なお花を活けてくれました。キング君の功績は永遠ですね。

10歳になりました。

 2月10日で10歳になりました。両親の愛を一身に受け、幸せの毎日です。
おかあさんが、大好きな野菜で誕生日のケーキを作ってくれました。10歳の数字はニンジンで、スポンジの代わりに、さつまいも(紅はるか)を蒸したものを使い、大根のスライスを巻き、さつまいもの絞りをトッピングしました。
周囲のデコレーションは、芽キャベツとロマネスコのボイルで飾ってあります。誕生日のスナップ写真です。
さっそく、ロマネスコから頂きましたが、美味しさは格別でした。野菜に食らいつくジュニアです。

明けましておめでとうございます。

風も無く穏やかな正月を迎えました。散歩がてら、近所の新田稲荷神社に初詣に行き、昨年中の御礼と、今年の家内安全・無病息災・商売繁盛をお願いしました。新田稲荷神社に初詣した写真です。
昨年は、各地で大きな地震があったり、大雪、集中豪雨、台風、火災と大きな災害が起こりました。また、農業分野では、集中豪雨による野菜の高騰が続き、御迷惑をお掛けしました。(生育不良のため、値段が高騰しても収入増にはならない)

今年こそは、平穏な日々が、例年通りの気象状況で、作物の生育も順調に続きますよう祈るばかりです。

待ち切れず焼きイモにしました。

11月4日でサツマイモの掘り取りが終わりました。紅はるか、シルクスイート共にまーまーの収量でした。

最近は、ホクホク系のサツマイモよりも、紅はるか、シルクスイート、安納芋などの、シットリ系のサツマイモが人気ですが、厄介なのは収穫後1~2カ月貯蔵することが必要で、せっかちな人には苦痛の期間です。しかし、1~2カ月待つことで、極上の焼きイモを食べることが出来ます。薪ストーブの上でじっくり焼きイモにします。
特にシットリ系のサツマイモは、焼きイモでじっくり焼くことで重要で、ちょっと面倒ですが、一手間かけることで、極上の味が堪能出来ます。(美味しい食べ方は、こちらを参照)

薪ストーブ今年も

朝晩めっきり寒くなり、今年(10月31日)も薪ストーブの火入れ式を行いました。去年は11月1日だったので、変わらずに季節だけは変わっているんだなー!!と、感心します。

薪ストーブも今年で9年目になり、暖房の95%を薪ストーブで賄い、風呂は100%薪風呂と、省エネ大賞の様な生活をしていますが、寄る年波であと何年???出来ることか。メラメラと燃える薪ストーブ
薪の調達、製材、貯蔵等々と、肉体労働ですが、メラメラ燃える炎をガラス越しに見て、温まる身体と、癒される心に、あと10年は頑張るぞ!!と後押しされています。

ネットフリックス(NETFLIX)

テレビが地上波放送だけの時代、映画を観に行くのも面倒と、ビデオ店でビデオを借りて観ていましたが、ケーブルテレビ(J:COM)が普及し、スターチャンネル等でお手軽に洋画が観れるようになった。しかし、さすがのスターチャンネルも「この映画何回目?」となるに至り、YouTubeに活路を見出したように、映像(動画)の観方も変革してきた。

パソコンでYouTubeのフォークソング特集や、昭和演歌、落語名人会を観ていているが、テレビの大画面で観たら更に迫力が出るのではと思い、息子に相談したら、アマゾン(amazon)のfireTVstick(スティック)を勧められた。

アマゾン恐るべしで、午前中の注文なのに即日配送で、夕方、スティックが届いた。テレビのジャックに差し込むだけで、直接YouTubeを観ることが出来るのだ。

そして、特記すべきは、ネットフリックス(NETFLIX)の視聴である。ケーブルテレビ(J:COM)でも欧米のシリーズ物が多数放送されているが、ネットフリックスは、自分が観たい時に見れることと、オリジナルのシリーズ物を放送していることだ。

と、言っても、まだまだ満足行く状況ではないネットフリックス(NETFLIX)ですが、新しい番組がオンエアーされており、業界の地図は確実に変わってくると思われます。

ひな壇にタレントを並べ、大騒ぎしている番組が主流の地上波ですが、プロ野球の放送がなくなったように、放送そのものがなくなる危機が来るのではないでしょうか。

ネットフリックス(NETFLIX)等の台頭は、テレビの観方を大きく変えることは、間違いがないようです。

 

とうもろこしが大好きな「愛犬ジュニア」です。(youTube)

前の愛犬「キング」は、自分てとうもろこしを前足で押さえ、上手に食べたのですが、ジュニアは出来ません。食べたくて仕方ないのですが、食べさせてくれるまでじーっと我慢して待っています。余計に可愛いですね。

飼い主として、癒されるひと時です。

次へ >