美味しいレシピ

8/10ページ

十勝こがね(ジャガイモ)と、豚ロースのソテー

ジャガイモは、あまり品種名を冠して販売されていないと思います。若干、男爵、メークイーンは区別して販売されているようですが、まだまだ「ジャガイモ」と表示して販売されるケースが多いようです。しかし、品種にこだわると、今までにない美味しい味に巡り合えます。 今回は、三日煮ても荷崩れないといわれている、ジャガイモの品種、十勝こがねです。油との相性も良いことから、細めの拍子切りにし、サラダ油で炒め、塩・コシ […]

夏こそスタミナ(豚モツのとまと煮)

モツというだけで、眉をしかめる人がいるかも知れませんが、モツ鍋なら食べたことがあるという人も多いと思います。そこで、簡単なモツ料理の逸品を紹介します。  美味しく食べるコツ 煮る時は、トマトだけで煮ること。トマトが高いからという人には、トマト缶、トマトピューレ缶の利用も安価でお勧めです。(水は絶対入れないこと。さらに、煮ている時は鍋の蓋をしないこと=鉄則です)  モツは、スーパ […]

暑い時こそ「トマトちゃんぽん」

8月だというのに、涼しい(肌寒い)日が続いていますが、まだまだ、厳しい残暑が待ち構えています。暑い日こそ、トマトたっぷりの熱々ちゃんぽんを食べ、大汗をかいてリフレッシュしましょう。 材料ですが、ちゃんぽんは、日清の「チャンポン」を使用し、自家製無農薬のトマト(中~3個)を、し型切り、彩に甘長ししとうの乱切りを加えてみました。 トッピングにメンマ、ラー油をかけていただきましたが、ちゃんぽんのスープと […]

サラダなすの田楽

なすは、油との相性が抜群で、生でも美味しいサラダ紫なすの味噌田楽は、往年の米なすを思い起こすようですが、サラダ紫は皮も柔らかく、箸で簡単に切って食べれます。 1 サラダ紫なすを縦に半切りにする 2 フライパン等に、サラダ油(ゴマ油等でもOK)を適宜ひき、両面を焼く 3 甘酢味噌を作り、写真の様に盛り付ける 4 好みにより、七味唐辛子、タバスコ、チョルーラ等をふるのも美味しい 簡単で、ちょっと豪華、 […]

熱中症予防に「梅ジュース」

冷凍しておいた青梅で「梅ジュース」を作りました。自家製の無農薬の梅を利用して簡単に作れ、熱中症対策もバッチリです。 写真は、冷凍した青梅1キロに、氷砂糖を1キロ積層し5日たったものですが、砂糖もすっかり溶け、梅エキスがたっぷり採れました。 エキスは広口ビン等にとり、水割りでいただきます。梅を1キロづつ冷凍しておけば、随時作ることが出来とても便利です。是非お試しください。 梅ジュースは、アルコールが […]

枝豆盛り合わせ

枝豆も終盤となってきましたが、美味しい黒豆系(タキイ種苗:早生黒頭巾)を頂きましたので、私が作った湯上がり娘と一緒に盛り付けてみました。 特徴ある黒豆のインパクトが良く出ていて、視覚的にも美味しい盛り合わせなりました。もちろん食べても美味、ホッピーが進みますね。

「いけるよ!!」ブルーベリーと冷やし中華

梅雨の晴れ間の昼食は、冷やし中華が最高です。今日は、「菊水のラーメン」2食分を湯で、皿に盛ります。収穫したばかりのブルーベリーを一握り盛り付け、シマダヤの冷やし中華のタレをかけいただきます。「うーむ!!」ブルーベリーと冷やし中華は意外といけるようだ、お試しあれ。

自家製野菜満載の夕食です。

6月も中旬となり、夏野菜が本格的に収穫出来るようになりました。15日(土)の夕飯には、今年初めての枝豆「サッポロみどり」が登場です。また、キュウリ、カブのぬか漬けもたまらなく美味しいです。メインディッシュは銀シャケのソテイですが、サンチェの緑と、キタアカリ(ジャガイモ)のポテトサラダを付け合せにし(ちょっとサンチェに隠れていますが)、これも美味しい逸品となっています。また、春菊とカニ肉、ワカメの和 […]

春の野菜丼ぶりです。

会社でも、自宅でも、今日の昼食は何を食べようか?と、楽しみであったり、悩みでもあったりしますよね。現役時代は愛妻弁当でしたが、菜園生活となり、毎日作業小屋で手作りの昼食を楽しんでいます。今日は、春ならではの「簡単!!春の野菜丼ぶり」を御紹介します。 まず、材料ですが、写真上から、ブロッコリーの側枝(小さいもの5~7個)、次に、のらちゃん菜をきざんだもの、株ねぎのカット、そして、おさかなソーセージ( […]

大根と赤じくほうれん草のサラダ

若者や女性に人気の大根サラダに、サラダ用の赤じくほうれん草を使ってみました。ほうれん草の甘みも強く、サーモンとの相性も抜群で、我が家の人気メニューとなっています。 また、今年初めて作った菜花「冬華」は、名前どおり、早くから花芽が入り、おしたしとして、食卓の一品となっています。

1 8 10