今月の一言

14/14ページ

2010年06月02日

2年ぶりのアメリカ旅行 息子の卒業式出席のため、2年ぶりにアメリカに行きました。また、念願であったイエローストーン国立公園も訪れることが出来、大満足のアメリカ旅行でした。 2年ぶりにアメリカに行き、改めてアメリカの偉大さに、大いに感動感激しました。しかし、年のせいもありますが、食事の単調さには相変わらず閉口させられ、日本食(日本の食事が日本の食事形態)がいかに偉大であるか再認識させられました。 ま […]

2010年05月04日

「川の流れの不思議さ」 大型連休も好天に恵まれ、各地の行楽地は賑わっているようだ。 とりわけ、雪解け水で水量の増した河川では、ボートによる川くだりが人気のようである。 川くだりの元祖はロッキー山脈のコロラド川あたりと思われるが、日本でもそこそこの冒険心は味わえるようである。 このように川が話題にのぼる度に、不思議でならないのが、川の流れそのものである。川は一日中、川もいっぱいに流れている。一日中で […]

2010年04月25日

久しぶりに良い映画をみました。イーサン・ホーク、工藤夕 貴主演の「ヒマラヤ杉に降る雪」という映画ですが、第二次世界大戦直後のアメリカの小さな港町起こった事件を描いた法廷物ですが、年老いた弁護士が悩める 主人公であるイーサン・ホークに語りかける場面、これは「人間の品格」の 問題だ!!・・・・と。 こ の画面を見て聞いたとき、雷に打たれたような衝撃を受け、身震いが起きました。何と感動的なストーリーであ […]

2010年04月17日

久しぶりに良い映画をみました。イーサン・ホーク、工藤夕貴主演の「ヒマラヤ杉に降る雪」という映画ですが、第二次世界大戦直後のアメリカの小さな港町起こった事件を描いた法廷物ですが、年老いた弁護士が悩める主人公であるイーサン・ホークに語りかける場面、これは「人間の品格」の問題だ!!・・・・と。 この画面を見て聞いたとき、雷に打たれたような衝撃を受け、身震いが起きました。何と感動的なストーリーであり、何と […]

2010年04月03日

満開の桜とともに、新しい年度が始まりました。政権交代後の初めての年度の始まりで、稲作農家の個別保障制度が始まります。減反政策とのセットですが、さてさて成功するでしょうか。お手並み拝見といった状況です。 また、農地法の改正も1月から施行されましたが、こちらもお手並み拝見といったところですが、大いに期待するところもあります。やる気のある農家が農地を借地しやすくなり、規模拡大が比較的容易になったからです […]

2010年03月28日

「現代農業」3月号の「発芽名人になる!」特集には感激です。 何気なく播種している種ですが、その特性等を解説いただくと、なるほど もっともだ!!と、目からウロコ状態です。特に、とうもろこしの種については、解説のとおりで、今までは逆さに押し込められて、苦しい状態で、発芽不良も あったのではないかと思われます。 また、ジャガイモ、サトイモですが、農業新聞にも「ジャガイモの地獄植」といった記事が載り、正に […]

2010年03月25日

「現代農業」3月号の「発芽名人になる!」特集には感激です。 何気なく播種している種ですが、その特性等を解説いただくと、なるほどもっともだ!!と、目からウロコ状態です。特に、とうもろこしの種については、解説のとおりで、今までは逆さに押し込められて、苦しい状態で、発芽不良もあったのではないかと思われます。 また、ジャガイモ、サトイモですが、農業新聞にも「ジャガイモの地獄植」といった記事が載り、正に逆さ […]

1 14